イム・ジヨンがARTISTCOMPANYと専属契約…チョン・ウソンと同じ事務所


女優のイム・ジヨンがARTISTCOMPANYと専属契約を結び新たなスタートを切った。

ARTISTCOMPANYは18日、公式資料を通じて「女優のイム・ジヨンと専属契約を締結した」と明らかにした。

イム・ジヨンは2011年、映画『災難映画』でデビューして以来、映画『人間中毒』、『奸臣(カンシン)』、『LUCK-KEY/ラッキー』、『タチャ:ワン・アイド・ジャック』とドラマ『上流社会』、『吹けよミプン』などを通じて自分だけのフィルモグラフィーを積み重ねてきた女優だ。

しっかりした演技力と代替不可能な魅力で、独歩的な存在感を見せてきたイム・ジヨンとARTISTCOMPANYとの出会いは、女優としてさらに一歩進もうとするイム・ジヨンの演技に大きなシナジーを出すものと期待される。

ARTISTCOMPANYのキム・ビョンソン代表は「女優イム・ジヨンは真剣な悩みと熱い情熱を持った女優だ。謙遜さを保ちながら女優として自分の道を進もうとする熱望に力を加えて応援したかった」とし「これまで見せたことより今後見せられることがもっと多いイム・ジヨンがARTISTCOMPANYで無限の自分の才能を思う存分発揮できるように最善を尽くして支援する」と明らかにした。

一方、ARTISTCOMPANYにはイ・ジョンジェ、チョン・ウソン、コ・アラ、ヨム・ジョンア、パク・ソダムなどが所属している。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者 / 写真=COSMOPORITAN
  • 入力 2020-05-18 11:08:36