赤頬思春期、「虚偽事実および悪意的な誹謗掲示物に法的対応を予告」


赤頬思春期側が虚偽事実および悪意的な誹謗掲示物に法的対応を予告した。

19日、所属事務所のSHOFARMUSIC は「最近、当社の所属アーティストの赤頬思春期に対する根拠のない虚偽事実及び悪意的な誹謗などが含まれた掲示物が無分別に発生している」とし「これに対し、所属事務所とアーティストはもちろん、アーティストの周辺の人々やファンの方々も精神的な被害を受けている状況であるだけに、弊社はアーティストの保護のため善処のない法的対応を行うことをお知らせする」と明らかにした。

続いて「現在、当社は独自のモニタリングを通じて多数の証拠を確保しており、今後も引き続き悪質な誹謗文及び名誉毀損に関する掲示物に対する持続的なモニタリング及び資料収集を通じて強硬対応を続けていく」と強調した。

それとともに「積極的なアーティストの保護のため独自のモニタリングだけでなく、ファンの方々の情報提供を確認する予定で持続的な資料収集のため、SHOFARMUSIC所属アーティストに関する悪質な書き込みに関する情報提供は、shofar_music@daum.netまでお願いする」と情報提供を呼びかけた。

女性デュオ赤頬思春期は、メンバーのウ・ジユンが脱退した後、アン・ジヨン1人体制で活動中だ。この過程で、推測的な書き込みや悪意的な書き込みが出回ると、所属事務所が強硬対応の方針を伝えたものと見られる。赤頬思春期は最近、ニューミニアルバム『思春期集Ⅱ花を見た蝶』を発表した。

赤頬思春期の悪質な誹謗文及び名誉毀損に関する掲示物に関する公式立場

こんにちは。SHOFARMUSICです。

最近、当社の所属アーティストの赤頬思春期に対する根拠のない虚偽事実及び悪意的な誹謗などが含まれた掲示物が無分別に発生しています。

これに対し、所属事務所とアーティストはもちろん、アーティストの周辺の人々やファンの方々も精神的な被害を受けている状況であるだけに、弊社はアーティストの保護のため善処のない法的対応を行うことをお知らせいたします。

現在、当社は独自のモニタリングを通じて多数の証拠を確保しており、今後も引き続き悪質な誹謗文及び名誉毀損に関する掲示物に対する持続的なモニタリング及び資料収集を通じて強硬対応を続けていきます。

また、積極的なアーティストの保護のため独自のモニタリングだけでなく、ファンの方々の情報提供を確認する予定で持続的な資料収集のため、SHOFARMUSIC所属アーティストに関する悪質な書き込みに関する情報提供は、shofar_music@daum.netまでお願いいたします。

いつもSHOFARMUSIC所属のアーティストたちにたくさんの愛と応援を送ってくださる皆さんに感謝します。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2020-05-19 14:20:46