イムブルリ代表イム・ジヒョン「清潭洞誕生日パーティー」…誠意のない謝罪


ショッピングモール、イムブルリ代表のイム・ジヒョンが「清潭洞(チョンダムドン)誕生日パーティー」出席で物議をかもしたことについて後になって謝罪文を出したが、ネットユーザーたちは誠意のない謝罪だと非難している。

20日、あるメディアは女優イ・ミンジョン、イ・ジュヨン、キム・ヒジョン、T-ARA出身のヒョミン、元国家代表新体操選手のソン・ヨンジェ、イム・ジヒョンなどが有名インフルエンサーAさんの誕生日パーティーに招待され、9日に梨泰院のカフェでパーティーを楽しんだと報道した。その後、各芸能人は所属事務所を通じて「梨泰院ではなく清潭洞であり、誕生日を祝うためにしばらく立ち寄った」と釈明し、新型コロナウイルスによる社会的距離を置く期間に、不注意を反省する」と、順番に謝罪した。

議論にも立場の発表なしに黙っていたイム・ジヒョンは同日、あるネットユーザーの質問に短く謝罪した。

あるネットユーザーがイム・ジヒョンの掲示物に「ところでジヒョンさん、クラブの記事は本当ですか?」という書き込みをして該当報道は事実なのかと質問した。

これに対し、イム・ジヒョンは「クラブではなく、清潭洞のブランチカフェに知り合いの誕生日を祝うために立ち寄りました。 「社会的距離を置く」が行われている状況で不注意な行動をした点、深く反省しています」と短い返事をつけた。

イム・ジヒョンは、書き込みを作成した直後、アカウントを非公開に転換し書き込みを見ることができないように遮断した状態だ。

イム・ジヒョンの誠意のない謝罪文にネットユーザーたちは冷ややかな反応を見せている。イム・ジヒョンはパーティーに行って来た後、数枚の写真を公開しアルパカと撮った写真で動物虐待論議まで呼んだため、謝罪が誠意を示していなかったという反応だ。

ネットユーザーは「誠意のない謝罪文」、「慎重ではなかった」、「しばらく立ち寄ったというが、パーティーの写真がそんなに多いのか?」、「真正性が疑われる」、「誕生日パーティーに招待されたとして掲載された掲示物をすべて見たが、事実ではないのではないか」など否定的な反応を示した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ヒョン・ユジン インターン記者 / 写真=イム・ジヒョンSNS
  • 入力 2020-05-21 10:55:07