ブライアン、自主隔離生活のビハインドをテレビ初公開


歌手のブライアンがテレビで初めて自主隔離を行った2週間の話を公開する。

24日(日)夜7時40分に韓国で放送されるJTBC『遊浪マーケット』には、演技の授業のために米国に滞在していたブライアンが帰国後、自主隔離を終えて依頼人として登場する。

韓国芸能界を代表する「清潔男」として知られているブライアンの家に入るとすぐ出演者たちはきれいに整理整頓された家を見て感嘆した。ユ・セユンは「(家から)米国の空港に降りると漂ってくる米国の香りがする」と海外に来たようだ話して笑いを誘った。

ブライアンは「インテリアをシーズンごとに変えるが、今回のコンセプトは「バカンス」だ」と説明した。ソ・ジャンフンは「家がリゾートの雰囲気」と共感した。

ブライアンはバカンスコンセプトに家をインテリアした理由について「自主隔離期間に外出できずもどかしかった気持ちを克服するため」と明らかにして芸能人として初めて自主隔離期間について率直に打ち明けて注目を集めた。ブライアンは「空港に到着後「自主隔離アプリ」を設置しないと外に出ることができないが、一度は家にいることを確認するために自撮りのセルフィーを送信したりもした」と明らかにした。また「2週間マートにも行けずにどう食べていけばいいのか想像できなかったが、家の前に米やインスタント食品などの隔離のための物品が到着して、無事に過ごすことができた」と後日談を伝えた。

「隔離期間中に主に何をしていたのか」というMCの質問にブライアンは「掃除と家の整理ばかりしていた」と明らかにして笑いを誘った。また「(隔離のおかげで)後回しにしていた家の整理をしながら、使わずにため込んでいたものをたくさん見つけた」と打ち明けた。その後、彼の家からは海を越えてきた可愛らしいインテリア小物から、高級ファッションアイテム、高価な趣味グッズや家電製品などの優れたアイテムがあふれ出し、歴代級の中古取引を予感させたという。

ブライアンの自主隔離エピソードは24日(日)夜7時40分に韓国で放送されるJTBC『遊浪マーケット』で確認することができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-05-22 10:24:21