コ・ウンミの夫、同窓生に6億ウォンをだまし取った容疑で裁判中


女優コ・ウンミの夫Aさんが詐欺の疑いで裁判を受けている。

22日、あるメディアは12日、ソウル西部地裁でA氏が小学校の同窓生に6億ウォンをだまし取った容疑で起訴された事件の初公判が開かれたと報じた。

報道によるとA氏は2018年、同窓生のB氏に清掃用役事業の用途で3億ウォンを貸せば、月2%の利子を支払って希望する時期にいつでも返済すると約束したが返済しなかった。また同年、B氏に「水資源公社が主管する2兆ウォンにのぼる開発事業の情報通信管理事業を受注した。

3億ウォンを投資すれば株式10%の4,000株を支給し、配当金とともに100億ウォン程度の評価差益を得るようにする」とし、再び3億ウォンをコ・ウンミの口座に送金してもらい、だまし取った疑いが持たれている。

しかし、事業を受注したというA氏の主張は嘘だった。A氏が運営する会社「KNCテック」は、2017年から営業損失が発生し従業員の賃金などを支払えない状態だった。

裁判にかけられたA氏は「会社の通帳で受け取り返済のために努力中だが、貸してもらってあまり時間が経ってないのに告訴された」とし「まだ弁護士を選任できていないため次の裁判期日を延期してほしい」と裁判所に要請した。

B氏は「たとえ会社の名義ではあるが、ヤンさんの妻コ・ウンミさんの通帳に送金したため、コ・ウンミさんも今回の事件と無関係ではない」とし「数回、電話とメールでコ・ウンミさんにも返済を求めたが全然、返事がなかった」と強調した。

A氏に対する次の裁判は6月26日にソウル西部地裁で開かれる。

一方、コ・ウンミは1995年、混成3人組グループTRABのメンバーとしてデビューした。その後、2001年の映画『ガン&トークス』(原題:キラーたちのおしゃべり)でスクリーンデビューした彼女は、ドラマ『それでもいい』、『千万回愛してます』、『カムバック マドンナ〜私は伝説だ』、『笑ってお母さん』、『危険な彼女』、『黄金の帝国』、『嵐の女』、『チャ・ダルレ夫人の恋人 』などに出演した。コ・ウンミは2015年、8歳年上の実業家出身のA氏と結婚した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-05-22 13:40:57