正体隠して歌バトルで6回連続王座に「感謝して準備した」


『覆面歌王』でカン・スンユンが出演した感想を明らかにした。

24日に韓国で放送されたMBCのバラエティ番組『覆面歌王』では7連勝に挑戦するチョユンバルの防衛戦ステージとこれに対抗する挑戦者のソロステージが公開された。

この日、チョユンバルはパンペに敗れて7連勝を飾るのに失敗した。チョユンバルの正体はWINNERのカン・スンユンだった。

カン・スンユンは「毎回感謝しながら準備してきた」とし「実際に周りに観客がいたら観客と呼応したりできるけど、もどかしくてもリラックスして歌うことができた」と打ち明けた。

続いて「実は『覆面歌王』への出演を決心したきっかけがWINNERの兄さんたち(キム・ジヌ、イ・スンフン)が軍隊に行く前の最後のアルバム『Remember』を広報するためだったが、こうして2人とも行ってしまうまで出演することになるとは思っていなかった」と話した。

また、カン・スンユンは「MBCドラマ『カイロス』に出演する。演技と並行しながらソロアルバムも出す計画なので、応援してほしい」と付け加えた。

最後にカン・スンユンは『スーパースターK』出演当時に大きな話題を集めたユン・ジョンシンの「本能的に」を熱唱した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-05-24 19:46:50