ジャンミン&カン・スヨン、「婚姻届提出済み、新型コロナにより結婚式延期」


スペインから来た男、そして韓国の女。その2人が会って愛の実を結んだ。まさにモデルのジャンミンとビューティーインフルエンサーとして活躍しているカン・スミンの話だ。陳腐な表現だが「善男善女」という言葉が本当によく似合う。

昨年の12月、婚姻届を出して正式に夫婦になったが、新型コロナウイルスのため、結婚式はしばらく延ばしたという彼ら。少し残念だったが、早く新型コロナウイルスが静まることを願い、人々の健康を祈願する姿から優しさも垣間見ることができた。

カップルグラビアは初めてなので緊張するという話が顔負けするほど、ものすごいケミストリーを誇ったジャンミンとカン・スヨン。本当に夫婦だないという気がした。写真撮影の感想についてカン・スヨンは「私は芸能人ではないので写真撮影は初めてだったが、本当によくしてくださって感謝し、夫がいて心強かった。それでうまく撮れたと思う」と答えた。

現在の近況について聞くと、ジャンミンは「カン・スヨンと結婚を放送を通じて公開してから、夫婦が一緒にできる番組など、様々なオファーがたくさん入ってきているので、忙しい日々を送っている。最近本当に幸せだ」と答え、カン・スヨンも「最近一緒に仕事が多くて忙しい。これからもこのように過ごしたい。一生懸命働く」と喜びを隠せなかった。

2人は、互いにどのようなポイントに惚れ込んだのだろうか。ジャンミンは「スヨンの自信と一人で何でもこなす姿に惚れた。そしてスヨンは自分の日常を全て私と共有したがった。その点がよかった」と答えた。カン・スヨンも「お互いに一緒に時間を過ごすのが良くて一緒に好きなことを共有したかった。そして本当に優しい姿に惚れた」とお互いに対する愛情を見せた。

スペインから来たジャンミンに韓国に来て経験した文化の違いはないかと聞くと「もちろんある。でも父親が韓国人だから子供の頃来たこともあって、もう知っていた」。父親から小さい時から韓国文化についてたくさん聞いて学んだ。しかし、小さな差はまだ慣れない。スペインは先輩や後輩関係がなく、みんな友達のように過ごしているが、韓国はそうではない。そしてスペインはスキンシップも自然だが韓国は少し違うため、その癖を直すのに少し苦労した」と話した。

昨年12月、婚姻届は終え、すでに法的には夫婦である2人。しかし、現在流行中の新型コロナウイルスのため、結婚式はまだ挙げることができない状態だ。残念な点はないかと聞くと、ジャンミンは「残念だが仕方ない。一日も早くこの事態が静まり、すべての人が健康であることを望む。家族に会いたいのに現在会えなくて残念だ」と答え、カン・スヨンは「仕方ないと思う。スペインにいるジャンミンの家族たちも結婚式に一緒にしなければならないので延ばすのが当たり前だと思う」と語った。

それでは結婚後、結婚前と変わった点は何があるだろうか?ジャンミンは「実際、大きく変わった点はない。あるとすれば、結婚後にもうちょっと近くなった感じがする。結婚前にも、お互いの家族の面倒を見て、本当に夫婦のようだった。結婚後も同じだ」とした。カン・スヨンも「結婚後はもっと親しくなり遠慮がなくなった。しかし結婚前も大きく変わった点はない」と2人とも恋人としての面貌を見せた。

2人の今後の計画はどうなるだろうか?ジャンミンは「すべてのことに最善を尽くしたい。努力するだけ成功に近づけると思う。 それですべてのことに最善を尽くす」と抱負を語った。カン・スミンは「今ビューティーインフルエンサー活動も頑張りながら夫ジャンミンと一緒にできる仕事が入ってきたらどんな仕事でも頑張るつもりだ。

家族も大事にするし、反対に仕事もできる妻になりたい。 二兎を追う」と答えた。

「善男善女」という言葉がおのずと出るジャンミン&カン・スヨン夫婦。見るだけでほほえましい2人の活発な活動がさらに期待される。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-05-28 11:34:59