カン・ソウン結婚、元KBS代表アナウンサーがキョンドングループの嫁になる


KBSの元アナウンサー、カン・ソウン(36)さんが6月、ウェディングマーチを鳴らす。Kグループの長男として知られていたカン・ソウンさんの新郎はキョンドングループ3世の キョンドンインベストのソン・ウォンラク副会長(43)だ。

カン・ソウンは6月21日、ソウルの某所でソン・ウォンラク副会長と結婚する。ソン副会長はキョンドン都市ガスのソン・ギョンホ名誉会長の長男でキョンドングループの創業主である故ソン・ドイク会長の孫だ。

カン・ソウンは昨年8月、司会を務めていたKBS2『挑戦!ゴールデンベル』を5か月で降板した後、長期休暇を申請し、世間の関心を集めた。昨年の11月、国内有名企業のK社の会長一族の息子と海外で非公開の結婚式を挙げたという噂が流れたのに続き、今年3月、KBSを正式に退社し放送界を離れた。

退社後、カン・ソウンの近況はなかなか知られていないが、最近、結婚を控え一部の知人に招待状を送り放送界にも結婚のニュースが知られるようになった。

ただ、先にニュースになった「海外極秘結婚説」は事実無根であることが明らかになった。カン・ソウンは28日、毎日経済スタートゥデーに6月の結婚は認めながらも、海外ウェディングマーチの報道内容を否定する立場を伝えた。

カン・ソウンは「海外で結婚式を挙げたという報道は事実ではない。報道当時、海外に滞在中で誤った記事が出ても黙っているしかなかった」とし「新型コロナウイルスの余波の中、敏感な時期に国内で来月、静かに結婚式を挙げる計画だった」と述べた。

最近、キョンドン都市ガスの公示によると、カン・ソウンは国内で結婚式を挙げる前の先月末、キョンドン都市ガスの株、5000株を贈与され、早くも公式的に「キョンドン家」の家族になった。

カン・ソウンは14年、KBS41期アナウンサーとして入社した。KBS1『特派員レポート世界は今』、『挑戦!ゴールデンベル』、ラジオ番組『カン・ソウン夜を忘れた君に』などの司会を務め、遅い入社にもかかわらずKBSの代表女性アナウンサーとして活躍した。アシアナ航空のスチュワーデス出身である彼女は、KBS入社前の2011~2014年にMBNアナウンサーとして在職していた。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-05-28 16:15:08