事故で夫が半身不随に「結婚に迷いは1%もなかった」


タレントのキム・ソンが過去のカン・ウォンレの事故当時を回想した。

29日に韓国で放送されたJTBCのトーク番組『人生のトークショー・ターニングポイント』には歌手カン・ウォンレとキム・ソン夫婦が出演した。

キム・ソンはカン・ウォンレのダンスに一目惚れし、軍隊に行ったカン・ウォンレと手紙を700通以上やりとりして恋愛を続けた。2人は交際を始めてから10年後に熱愛を公開したが、その頃にカン・ウォンレが交通事故に遭った。

キム・ソンは「その日に限ってスケジュールがなかった。(カン・ウォンレが)実家に行くからと、オートバイを洗車してくると言ったので挨拶をしたのに、少ししてからマネージャーから連絡が来て。事故が起きたのかと質問してくるので実家に行ったと説明した。ところが実家には(カン・ウォンレが)来ていないと言われた」と当時を思い出した。

続いて「テレビをつけたらニュース速報としてテロップで「Clonのカン・ウォンレが交通事故で意識不明」と出ていた。とても驚いて病院に行ったところ、緊急治療室に夫が裸の状態で横たわっていた」と話した。カン・ウォンレはこの事故により下半身麻痺になった。キム・ソンは事故後、結婚への迷いはただの1%もなかったとし、「私が好きな人であり、障がい者として生きていても私が一生手となり足となってあげる自信があったので選択した結婚だった。今はすべて感謝している」と深い愛情を表した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=JTBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2020-05-29 10:52:35