TWICE新曲MV盗作疑惑に事務所がコメント「原作者と解決したい」


グループTWICEの新曲「MORE&MORE」のミュージックビデオが盗作論議に包まれた中で、所属事務所JYPエンターテイメントがコメントを明らかにした。

JYPエンターテイメントは3日、「当社は「MORE&MORE」のミュージックビデオに登場するセットが既存の特定の作品と類似しているという事実を今日(3日)の午前に認知した」と明らかにした。

続いて「ミュージックビデオ制作会社に既存の作品の原作者との対話を通じて、この問題が円満に解決されるように要請した」とし「本社もアーティストの作品をリリースしている企業として、このようなことがこれから再発しないように検証システムを補完する予定だ」と付け加えた。

先立って2日、造形芸術家のデイビス・マッカーティは自分のSNSに「TWICEが私の造形物を盗用してミュージックビデオを作った」とし「これは芸術に対する著作権侵害」と主張した。

一方、TWICEの今回のタイトル曲「MORE&MORE」は愛のときめきと甘さが熟する時、お互いがお互いをより望むようになる感情を込めた曲だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-06-03 13:17:05