『ON&OFF』ユナ「30代になって余裕が出来た、私自身に集中したい」


少女時代のメンバーで女優のユナの気さくな日常が公開された中「30代になってからもっと余裕ができた」と胸の内を明かした。

ユナは先月6日の午後放送されたケーブルチャンネルtvNバラエティ『ON&OFF』でONとOFFの生活を公開した。

ONの日常でユナはジュエリー撮影をした。美しい女神のような美貌を誇り、プロらしくグラビア撮影をこなし、「さすがユナ」と絶賛された。

OFFの日常では言葉通り、飾り気がなくさっぱりしていた。ユナは「今まで忙しすぎてできなかったことをしながら過ごしている。できることが何もないと思って中国語の勉強もしてベーキングもした。愛犬と散歩もしながら過ごした」という。

特にユナは同日、17年来の親友と会って、トークをしたりもした。彼女は「20代は仕事をした記憶だけだ。

幸いメンバーたちがいるから仕事をしても同じことをして一緒に感じる人がいるから慰めになったと思う」と打ち明けた。

続いて「30代になってからもっと余裕ができたと思う。20代を夢中で過ごしたので、本当に少しだけ「私が本当に望むこと?」、「好きなこと何があるかな?」」から始めて、もう少し私に集中して知っていく時間を持っているようだ」と話した。

特有の前向きなエネルギー、明るい笑みが美しいユナ、彼女の30代に期待が集まっている。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-06-07 09:56:52