Big Hitエンタ、米KisweとMOU締結 初プロジェクトは「BANG BANG CON」


Big Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)が米国のライブストリーミングソリューション企業Kiswe Mobile(以下、Kiswe)と手を組んだ。

9日、Big HitとKisweは「8日、Big Htiのユン・ソクジュンGlobal CEOとKisweの会長兼創業者キム・ジョンフン博士、マイク・シャーベル代表が業務協約(MOU)を結んで両社間のグローバルパートナーシップを約束した」と発表した。

両社は今回の提携を通じて全世界のファンのエクスペリエンス革新を追求し、本格的なグローバル事業とサービスの拡張を始動させる。特にBig Hitのグローバルファンコミュニティプラットフォーム「Weverse」を中心に様々なサービスを披露し「音楽産業のワンストップサービス」を現実させていく予定だ。

今回の戦略的提携は両社の能力の相乗効果を最大限にし、全世界の音楽ファンにより楽しく、幅広い公演の経験を提供するという目標で行われた。Big Hitの強力なコンテンツ企画力やアーティストIPとKisweの技術力が出会い、変化するグローバル公演環境でファンが最適な方法で楽しくコンテンツを楽しむことができるようにカスタマイズされたサービスを開発してリリースしていく予定だ。

その最初の共同プロジェクトは、「マルチビューストリーミングライブ」から始まる。14日、防弾少年団のオンラインリアルタイム公演「BANG BANG CON The Live」にて6つのアングルをひとつのスクリーンで提供し、任意の画面を選択して見ることができるマルチビューサービスを披露する。

Kisweは元ベル研究所代表であるキム・ジョンフン博士とワーム・スウェルデン、ジミー・リンが2013年に共同創業した世界的な企業だ。エンターテイメントコンテンツとスポーツ中継をカスタマイズして視聴できる「マルチビューライブストリーミング」の技術とクラウドサーバをベースとしたマルチチャンネルの融合技術を保有している。

Big HitはKisweの戦略的提携を通じてグローバルファンにBig Hitだけの強力なコンテンツをより効果的に伝達することを目標にしている。Big Hitは4月に行われた防弾少年団のオンラインストリーミング祭り「BANG BANG CON」と14日に開かれるオンラインリアルタイム公演「BANG BANG CON The Live」など、ファンの楽しみを最大化するコンテンツ企画力をもとに今後、Kisweでコンテンツの特性とファンの多様なニーズに合わせた新たな公演観覧の方法を開発していく計画だ。

Big Hitエンターテインメントのユン・ソクジュンGlobal CEOは「今回の協約を通じてBig Hitのコンテンツと企画力、Kisweの技術力が出会い、グローバル市場でのまざまな技術革新の可能性を開いた」とし「ファンのニーズを最優先に考慮するBig Hitの哲学により、パートナーシップシナジーを極大化できるポイントを探して顧客が希望するサービスを開発して披露する」と強調した。

Kisweのマイク・チャーベル代表は「KisweとBig Hitのパートナーシップを通じて、これまでのKisweのグローバルなスポーツとメディア領域での活躍を音楽の領域にまで拡張させ、両社が新たな事業に挑戦することになった」とし「このパートナーシップがこれからのファンのエクスペリエンス革新の始まりだと思う」と語った。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-06-09 10:27:08