防弾少年団オンラインライブ、最高接続者数75万…売上200億ウォン超


防弾少年団の「BANG BANG CON The Live」のチケット売り上げが200億ウォンをはるかに上回ると推定される。

防弾少年団は14日午後6時、コミュニティーのプラットフォーム「Weverse」を通じてリアルタイムライブ公演「BANG BANG CON The Live」(部屋で楽しむ防弾少年団コンサート、以下「BANG BANG CON 」)を開き、ファンと会った。

公演後、所属事務所Big Hitエンターテイメントが明らかにした最高同時接続者数は75万6,600人余りである。これは5万人以上を収容できるスタジアム公演15回と匹敵する膨大な数だ。

「BANG BANG CON 」のコンサートチケット価格は、ファンクラブ「ARMY」は2万9000ウォン、ファンクラブの未加入者は3万9000ウォンと策定された。 ファンクラブを基準に計算しても防弾少年団は、この公演で220億ウォン近いチケットの売り上げを上げたものとみられる。ここにMD(ファン商品)販売などを合わせると、売上高はさらに増えるものと予想される。

一方、防弾少年団の部屋にファンを招待するコンセプトで組まれた今回の公演で、メンバーは約90分間『DOPE』、『フンタン少年団』、『I like it 』、『Just One Day』、『Jamais Vu』、『Respect』、『友達』、『Black Swan』、『Boy with Luv』、『Go Go』、『Anpanman』、『春の日』の計12曲のステージを披露した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-06-15 10:24:04