パク・ボゴム、8月31日に入隊 海軍に合格


俳優パク・ボゴムが海軍文化広報兵として8月31日に入隊する。

パク・ボゴムの所属事務所BLOSSOMエンターテイメント側は25日、「パク・ボゴムが海軍文化広報兵に合格した」とし「2020年8月31日に入隊予定」と公式に発表した。

所属事務所は「入隊前まで映画『ワンダーランド』とドラマ『青春記録』の撮影をすべて終える計画」とし「パク・ボゴムが健康に国防の義務を履行することができるように応援してほしい」と伝えた。

パク・ボゴムは海軍文化広報兵に志願、1日に面接を行い、この日に最終合格通知を受けた。これによりパク・ボゴムは8月31日午後2時、慶南鎭海にある海軍教育司令部隷下海軍基礎軍事訓練団に入所、海軍兵669期の教育課程を履修した後、服務することになる。

パク・ボゴムは2011年の映画『ブラインド』でデビューした俳優だ。彼はドラマ『恋のスケッチ~応答せよ1988~』、『雲が描いた月明かり』『ボーイフレンド』などに出演し、大きな愛を得た。明知大学ミュージカル学科14学番で、2018年に卒業した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-06-25 11:10:44