俳優ユ・スンホ、朝鮮戦争70周年迎え献呈辞を朗読…「愛国精神を忘れない」


俳優ユ・スンホが朝鮮戦争の退役軍人を称えた。

ユ・スンホは25日に生放送されたSBS朝鮮戦争第70周年行事『英雄に』で、朝鮮戦争の退役軍人に伝える献呈辞を朗読し、重い響きを伝えた。

朝鮮戦争第70周年行事『英雄に』は、朝鮮戦争70周年を迎え、「記憶・一緒に・平和」をテーマに、退役軍人の犠牲と献身を国民とともに記憶し、国連参戦国への貢献に感謝の意を表するため、同日午後、城南市(ソンナムシ)のソウル空港の格納庫で開催された。

俳優チェ・スジョンとチョンドンミ大尉が進行を務め、ユン・ドヒョンが追悼曲『老いた兵士の歌』を歌った。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめ、参戦有功者、駐韓外交使節など約300人の来賓が出席し、席を輝かせた。

厳粛な雰囲気の中で進められた行事で、ユ・スンホは落ち着いた口調で遺族と戦友が伝える献呈辞を朗読した。淡々と書かれた文章を通じて、1950年当時、短い生を終えた同年代の退役軍人が経験した戦争へのつらいことや恐怖を伝えながら、現在の大韓民国の安寧に触れ、彼らの犠牲に感謝の意を表した。

ユ・スンホは「砲弾のように飛んでくる煩悩と物悲しはどう飲み込みましたか?そして最後の瞬間に誰を思い浮かべ目を閉じましたか」と20代の若者たちが戦争を通じて経験する苦痛を哀悼した。

また、ユ・スンホは「あなたの母があなたを一瞬も忘れなかったかのように、私たちはあなたを永遠に記憶します」と退役軍人たちを永遠に忘れないことを強調し、視聴者に深い感動を与えた。

勇気ある退役軍人を称えたユ・スンホは「70年前の国と民族を守るために戦場を駈けた数多くの勇士たちの犠牲と献身をもう一度振り返る場でした。長いこと心と体に込めた退役軍人の愛国精神を絶対忘れません。もう一度、意味深い席に招待していただき本当に感謝する」と感想を述べました。

今年4月に放送終了したtvN『メモリスト』で熱演したユ・スンホは、次回作について話し合っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-06-26 09:19:14