BLACKPINK、「DDU-DU DDU-DU」再生回数12億回突破


グループBLACKPINKの『DDU-DU DDU-DU』のミュージックビデオが29日の午前8時ごろ、YouTube再生回数が12億回を突破し、国内外のファンたちは歓声を上げた。K-POPの男女グループを通じて立てた最初の大記録であり、公開されてから約2年ぶりのことだ。

『DDU-DU DDU-DU』のプロモーションビデオは、わずか3か月前に再生回数11億回の新記録を樹立したのに続き、今回もまた新たな記録を立てた。再生回数10億回から11億回突破まで約4か月かかったが、かえって再生回数の増加速度が速くなった。

26日に発表された新曲『How You Like That』の世界的な旋風を巻き起こしたあと、これまでの代表曲まで大きな関心を集めているようだ。

ニュースに接した韓国のファンは、「BLACKPINKは記録を出して当然だ」、「再生回数12億回、本当におめでとう」、「勧告を代表ガールグループらしく、花道だけを歩こう」、「20億行こう」などと爆発的な反応を見せた。

海外のファンも「K-POP女王の座だ」、「『How You Like That』も記録を出して当然だ」、「レジェンドはこの嬉しいニュースを受け取る価値があります」など、BLACKPINKの再生回数12億回突破を祝った。

『DDU-DU DDU-DU』は、BLACKPINKの2018年初のミニアルバム『SQUARE UP』タイトル曲。 両手でピストルを撃つようなパフォーマンスがポイント。ファンによるカバーダンスブームが起き、同年「世界で最も見たK-POP」のミュージックビデオ1位に輝いた。

『DDU-DU DDU-DU』も発売直後、国内音楽チャート総なめはもちろん、海外音楽市場まで直撃した。特に、ビルボード(Billboard)のメインチャートである「ビルボード200」と「HOT100」でそれぞれ40位と55位になり、当時の韓国ガールズグループの歴代最高の順位を記録した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ノ・ウルヒ インターン記者
  • 入力 2020-06-29 11:34:47