ソンミ、豊胸手術を否定「それほど大きくない」


歌手ソンミが豊胸手術疑惑を直接否定した。

ソンミは去る29日、YouTubeチャンネル「1theK Originals」の「本人登板」コーナーに出演してファンが作成したインターネットウィキペディア「ナムwiki」を読んで直接コメントする時間を持った。

ソンミはこの日「あるイベントの後から私の名前を検索すると一番上に関連検索キーワードに「ソンミ胸手術」が出てくるようになった」と噂について直接言及して「実はそれほどの大きさではない。レントゲンを撮って直接見せることもできないし、体格に比べるとあるからかよく疑われる」と率直に話して、胸の手術は「でもしていない」と改めて強調した。

ソンミは20日、個人のインスタグラムに公開して人気があった写真についても言及した。

ソンミは「写真を専攻している弟が撮ってくれた写真だ」とし「この写真の「いいね」がティーザーよりも多かった。やっぱり肌が見えてこそ」と笑った。また「この写真が公開されてから、海外のファンの方々から「手術した胸だ、弁明しろ」と言われ「本人登板」で説明することにした。してないし、そんなに大きくもない」と明らかにした。

また、この日は音源サイトに書き込まれた誹謗中傷に直接回答した。

あるネットユーザーは「ソンミは『WARNING』アルバムの後、次々に失敗中」というコメントにソンミは「ずっと成功し続ける人はいない。上り下りするのが人生の真理」と反論した。

一方、ソンミは2007年、グループWonder Girlsとしてデビュー、2017年Wonder Girlsの解散後はソロ歌手として曲を発表してきた。ソンミは「Full Moon」「GASHINA」などのヒット曲に続き、29日に直接作詞した新曲「pporappippam」を発表した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ノ・ウルヒ インターン記者 / 写真=1theK
  • 入力 2020-06-30 09:34:19