「悪の花」イ・ジュンギ&ムン・チェウォン、ときめく夫婦コンビ


tvNの新水木ドラマ『悪の花』で愛らしい夫婦に変身したイ・ジュンギとムン・チェウォンの姿を公開し、ドラマに対する関心を高めている。

tvNの新水木ドラマ『悪の花』(脚本:ユ・ジョンヒ、演出:キム・チョルギュ)は、愛を演じた男ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と、彼の実体を疑い始めた妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、そして知りたくない真実と向き合った二人の密度の高い感性追跡ドラマだ。

イ・ジュンギ(ペク・ヒソン役)とムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)が劇中の夫婦として呼吸を合わせ、注目を集めている中、二人が披露する密度の高いメロにも期待が熱い。特に2人の間には可愛い娘までいて「夫婦」であり「親」として今まで見たことのない新しい一面と感情を予告する。

さらに初めて公開された写真の中に、その演技の変身がうかがえる劇の中で、ペク・ヒソンとチャ・ジウォン夫婦と娘のペク・ウンハ(チョン・ソヨン)家族の幸せな日常が映り目を引く。

誕生日のケーキを前にして楽しそうな娘のペク・ウンハを見るペク・ヒソンとチャ・ジウォンの顔には文字通り「パパの微笑み」、「ママの微笑み」が浮かんでいる。娘の髪を乾かすチャ・ジウォンの慣れた手つきが漂っており、娘に手作りのご飯を食べさせる優しい父親ペク・ヒソンと、それを後ろで見守っているチャ・ジウォンの姿は、見る人まで微笑ませる。

特に、自然に夫婦として溶け込んだイ・ジュンギ、ムン・チェウォンのケミストリーが感じられ、ときめきをかもし出し、娘のチョン・ソヨンと過ごす雰囲気も温かさを増している。

しかし、この日常の裏には「14年間愛してきた夫が、連続殺人魔だったら?」という衝撃的な疑問が投げかけられ、一瞬も油断できない真実追跡劇が待っている。何が真実で偽りなのか、二人の間に生じた疑いの切ないメロと緊張感溢れるサスペンスを行き来する。

これまでペク・ヒソンが何を隠すために演技をしてきたのか、ペク・ヒソンを愛しながらも疑い始めた捜査一課刑事チャ・ジウォンは、果して彼を追うことになるのか、ベールに包まれたストーリーが好奇心を刺激する。

一方、イ・ジュンギとムン・チェウォンが見せるメロサスペンスの濃度の濃い没入感が待ち遠しいtvN新水木ドラマ『悪の花』は、来る7月に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-01 09:41:12