EXOベクヒョン、グループとソロの両方でミリオン達成 約20年ぶり


EXOベクヒョンがグループに続いてソロアルバムでもミリオンセラーを記録する金字塔を打ち立てた。

ベクヒョンは5月25日に発売した2ndミニアルバム『Delight』で合計1,018,746枚(6月30日現在)の売り上げ枚数を記録して、1カ月でアルバムの売り上げ枚数が100万枚を突破する快挙を記録した。ソロ歌手のアルバムが100万枚を突破したのは2001年に発表されたキム・ゴンモの7thアルバム以来、19年ぶりのことで、ベクヒョンの強大なソロパワーを確認できる。

また、ベクヒョンはグループとしても2013年にEXOの1stフルアルバムが韓国歌謡界で12年ぶりにミリオンセラーを記録して「アルバム100万枚時代」の扉を再び開き、5枚連続でフルアルバムの売り上げが100万枚を超え、ソロとグループのアルバムの両方でミリオンセラーを記録する気炎を吐いた。

特に韓国の大衆歌謡界でグループとソロのアルバムがすべてミリオンセラーになったのは「ソテジワアイドゥル」で活動して1998年と2000年に発表したソロアルバムでアルバム売り上げ枚数100万枚を突破したソ・テジ以来の記録で、約20年ぶりにグループとソロアルバムの両方でミリオンセラーを記録した歌手が誕生したという点で意味がある。

加えて、今回のアルバムはGAONチャート集計史上ソロアルバム最多売り上げ枚数を記録して各種アルバムチャート1位を席巻したのに続いて、iTunesのトップアルバムチャート世界69地域1位など、ベクヒョンのグローバルな人気を立証した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-07-01 09:19:15