MOMOLAND出身のヨヌ、物議を醸した書き込みに対して釈明…「誤解だ」


グループMOMOLAND出身のヨヌが演技者に転向したのは、自分の選択ではなかったというニュアンスの書き込みについて釈明した。

ヨヌは4日、自身のSNSで「公式ファンカフェでファンと最近のインスタライブチャット問題について話し合っただけで、他に意図はなかった」と切り出した。

続いて「憶測と誹謗によって残したコメントなので内容がやや混乱しており、ファンとの空間のため、深い話が出て誤解を生んだようだ」とし「私は無事に過ごしているし、作品も一生懸命準備している。今日は思いもよらない心配をかけて申し訳ない」と謝罪した。

これに先立ち4日未明、ヨヌは自身のファンカフェに「インスタライブを開くといつも困った内容のチャットが送られてくる。答えなければ、それなりに怒り出す人もいる」とし「青春をささげたことを新たなスタートのために潔くあきらめるほど勇敢な人が何人いるだろうか。 私にはそんな大胆さがなく、そのつもりはなかった。過去にも現在にも。ただ我慢し耐えたが無駄だった」と書いた。

そして「私が今新しいことをするのは、私にはこれ以上の選択権がなかった。そうしてこそ、自分の夢の延長線を引き継ぐことができ、こうしてこそ生き残りそうだし、こうしてこそ皆さんとずっと会うことができる。

諦めてしまったらどうするのか」と意味深長な話を付け加えた。

16年にMOMOLANDでデビューしたヨヌは昨年11月、チームから脱退し演技者に転向した。チームの主要メンバーとして活躍してきたヨヌの突然の脱退に、ネットユーザーはさまざまな推測を示した。さらに意味深長な書き込みまで続き、ヨヌが他意でチームを退団したのではないかという疑惑も持ち上がったが、ヨヌは「他に意図はなかった」と釈明した。

次は、ヨヌSNSの書き込み全文
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-07-04 15:42:17