BTS『MAP OF THE SOUL : 7』米で唯一の50万枚超



グループ防弾少年団は『MAP OF THE SOUL:7』で今年の上半期、米国で最も多く売れたアルバムチャートで1位に上がった。

10日、ニールセンミュージックが発表した2020年上半期レポートによると、防弾少年団の正規第4集『MAP OF THE SOUL:7』は計55万2000枚の販売量で「Top 10 Albums-Total Sales」で1位を占めた。

ニールセンミュージック2020年上半期レポートは、2020年1月3日から7月2日までに集計された米国内の実アルバムの販売とデジタルダウンロード、オーディオストリーミングなどの音楽関連の数値とトレンドを分析した資料だ。

防弾少年団が1位になった「Top 10 Albums-Total Sales」チャートはCDとLP、カセットなどの実アルバムの販売量とデジタルアルバムダウンロード数を合算して集計する。特に防弾少年団は実物アルバムの販売量だけを集計する「Top 10 Physical Albums」でも52万8000枚を記録して1位にランクされた。

アルバム販売量に加えて、ストリーミング回数とダウンロード回数までを合算する「Top 10 Albums」チャートで『MAP OF THE SOUL:7』は84万2000枚を記録して9位に上がったし、ポップの分野で実物アルバムとデジタルダウンロード、オーディオストリーミングなどの販売量を集計する「Top 5 Genre Artists」では2位を記録した。

米国の音楽専門メディア「ビルボード」もニールセンミュージック2020上半期レポートをもとに、防弾少年団の成果に注目した。

ビルボードは10日、「防弾少年団の『MAP OF THE SOUL:7』は2020年上半期、米国で最も多く売れたアルバムであり、50万枚以上売れた唯一のアルバム」だとし、「『MAP OF THE SOUL:7』は実物アルバム販売が総売上げの96%を占め、4%はデジタルアルバムの販売量」だと付け加えた。

ビルボードはまた、「防弾少年団は今年上半期、米国でCD、LP、カセットなど実物アルバムとデジタルアルバムおよびダウンロードを含むすべてのアルバムの形で75万7000枚を販売し、最も多くのアルバム販売量を記録したアーティストであり、実物アルバムの販売量も最も多い72万枚にのぼる」と説明した。

防弾少年団は去る2月21日、『MAP OF THE SOUL:7』を発表した後、3月7日付のビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で1位に上がり、4枚のアルバム連続で「ビルボード200」チャートでトップを占める大記録を立てた。『MAP OF THE SOUL:7』はチャートに名を連ねて5ヶ月めだ。
  • 毎日経済_パク・セヨン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2020-07-10 14:30:15