THE BOYZソヌ、禁煙区域の海水浴場で喫煙したことについて謝罪


グループTHE BOYZのソヌが禁煙区域に指定された公共施設の海水浴場で喫煙したことについて謝罪した。

ソヌは10日、公式ファンカフェに「メンバーと競演番組が終わった後、しばらく休暇を取って海に行くことになった。そこで公共の場所に対する規範を守ることができなかった行動をした」とし「私たちを応援してくださるファンの皆様に、そして大切なメンバーたちを熱心にしてくださる会社の方々と私を信じてくれる家族に本当に申し訳ない」と謝罪した。

続いて「私の過ちによって心を痛め、失望されたであろうファンの方々にもう一度心よりお詫び申し上げる」とし「深く反省し、十分に自責し必ず発展したい」と頭を下げた。

THE BOYZの所属事務所Cre.ker Entertainmentも「公共の場での規範を破る形でご心配をおかけしたことをお詫びする。ソヌだけでなく一緒にいたメンバーたちも誤った行動であることを重く認知しており深く反省している」とし「当社もこのようなことが発生したことに対して深く責任を痛感している。

このようなことが繰り返されないようにアーティスト管理に注意と万全を尽くしたい」と付け加えた。

これに先立ちソヌは9日、公式Twitter「THE BOYZ」で近況を伝えた。THE BOYZ側は、メンバーとソヌが真夜中に浜辺を散歩する写真を掲載し、ファンたちは彼の片手にタバコを持っていることに注目し、適切でないという指摘が相次ぎ物議の中心に立った。

一方、THE BOYZは最近終了したMnet『Road to Kingdom』で活躍し最終優勝を獲得した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-07-12 09:12:19