チョ・インソンの雑誌カバーが公開 「自分が一番親しい友達」


俳優チョ・インソンのグラビアが話題だ。

14日、マガジン『Harper's BAZAAR』は創刊24周年を迎え、韓国版の表紙を飾ったチョ・インソンの8月号のカバーを公開した。

チョ・インソンはグラビア撮影と共に行われたインタビューで「作品のためにインタビューを行ったりするが、広報シーズンが終わればあまり話すことはない。「僕が本当に話した通りに生きているのか」と思い、口数が少なくなる」と照れくさそうに近況を語った。

「カメラの前で100パーセントの不自然さを消すのは簡単ではない。演技は若干の緊張と自分だけの計算と感情などが凝集されて出てくる複合的結果物だ。自分の体だが、思い通りにいかない時もあるし、相手によって予想とは違う演技が出たりする。いつもゼロの値から始まるようだ。だから面白い」

特に、今回のプロジェクトはファッションハウス「FENDI」と共演した。チョ・インソンはレジャーウェアからインスピレーションを受けた「FENDI2020プレフォールコレクション」を幻想的なムードに特有のカリスマあふれる表情とポーズで描き出した。

また、リュ・スンワン監督の映画『モガディッシュ』の公開を控えている彼は「自分が一番親しい友達」とし「何よりだましたくない。僕が僕にどれだけ率直なのか、僕の心にどのように共感をしてくれるのか、他の人たちは分からないが、僕は理解してあげなければならないと思う。常に最善を尽くそうと努力しているということだけは、自ら認め、尊重してあげようと思う」と伝えた。

チョ・インソンのグラビアとインタビュー記事は、『Harper's BAZAAR』8月号とウェブサイト、インスタグラムで見ることができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-07-14 11:15:45