ソ・ドンジュ、新事務所と専属契約を締結


弁護士兼タレントのソ・ドンジュが新生所属事務所のスターリウムエンターテインメントと手を組んだ。

スターリウムエンターテインメントは13日、ソ・ドンジュとの専属契約のニュースを発表し「輝く未来のために全面的な支援を惜しまない」と伝えた。

ソ・ドンジュは『スタンドアップ』、『ご飯は ちゃんと食べているかい?』、『ビデオスター』など出演番組別に話題を呼んでいる。 米国弁護士として活動中の彼女は、以前、韓国放送活動の兼業を宣言している。6日にエッセイ『サンフランシスコ異邦人』を出版した。

ソ・ドンジュはタレントのソ・ジョンヒとお笑い芸人のソ・セウォンの長女だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-07-14 07:30:26