俳優ク・ギョファン、イ・オクソプ監督との熱愛認める「7年前から交際」


俳優ク・ギョファンとイ・オクソプ監督が熱愛中だ。

ク・ギョファンの所属事務所NAMOOアクターズ側は15日、毎日経済スタートゥデイに「ク・ギョファンとイ・オクソプ監督は2013年から交際を始め、7年間交際を続けている。映画界ではよく知られているカップル」と明らかにした。

ク・ギョファンとイ・オクソプ監督は映画『4年生ボギョン』、『今日映画』、『恋愛ドキュメンタリー』、『放課後ティータイム・リターンズ』、『フライ・トゥ・ザ・スカイ』、『ガールズオントップ』、『三匹』『なまず』などを一緒に作業した。

ク・ギョファンは2008年『子供たち』でデビューした。トランスジェンダーの話を描いた『夢のジェーン』で春史大賞映画祭新人男優賞、釜日映画賞新人男性演技賞、百想芸術大賞映画部門男子新人演技賞などに輝いて独立映画界のスターとして注目され、今日(15日)公開された『半島』にはソ大尉役で出演した。

イ・オクソプ監督は短編映画『4年生ボギョン』『恋愛ドキュメンタリー』『フライ・トゥ・ザ・スカイ』『ガールズオントップ』などを演出した。初の長編デビュー作である『なまず』で評論家の好評を受けた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-07-15 09:52:55