トップ > エンタメ > TV・映画 > 「アイアンマン」イ・ドンウク-シン・セギョンの初対面はやっぱり尋常ではない

「アイアンマン」イ・ドンウク-シン・セギョンの初対面はやっぱり尋常ではない

KBS2ドラマ「アイアンマン」 

  • 「アイアンマン」イ・ドンウク-シン・セギョンの初対面はやっぱり尋常ではない
「アイアンマン」イ・ドンウクとシン・セギョンが初めての出会いから神経戦を行った。4日KBS2新水木ドラマ「アイアンマン」制作陣はヒーリングカップルとしての活躍を予告したイ・ドンウクとシン・セギョンの殺伐とした最初の対面シーンを公開した。

公開された写真の中のイ・ドンウクはシン・セギョンを隅に追いやって無表情なポーカーフェイスを一環している姿をしており、シン・セギョンはイ・ドンウクの目を避けずに見つめている。

ドラマの中でイ・ドンウクが演じるチュ・ホンビンは韓国語悪口辞典を編纂できるほどの尖った弁舌の持ち主で特技が毒舌という人物だ。シン・セギョンが担うソン・セドンは開かれた純粋な性格を持っているが、絶対に我慢をしては生きられない女性だ。こんな二人は初めての出会いからお互いに向かう尖った神経は当然のこと、叫び声をあげるなど尋常ではない縁の始まりを知らせる予定だ。

「アイアンマン」は消せない初恋の苦い傷と怒りが鋭い刀となって体の外に出るチュ・ホンビンとそんなホンビンの刀を温かく包むことができる天使のような女性ソン・セドンが共に描くロマンティックファンタジー恋愛ドラマで来る10日初放送される。
  • スタートゥデイ_イ・スヨン ンターン記者
  • 入力 2014-09-05 10:36:50