映画「半島」、公開4日目にして観客動員数100万人を突破


映画『半島』が公開4日目にして観客動員数100万人を突破した。

今月15日に公開された『半島』(監督:ヨン・サンホ)は公開4日目の18日午前8時10分に観客動員数100万790人を突破した。

公開当日1日目に35万人の観客を動員した『半島』は歴代box office4位の『国際市場』と同じ速度で100万観客を突破し、パンデミック以降低迷していた映画界を正常化するための第一歩を踏み出した。

『半島』は韓国だけでなく台湾、シンガポール、マレーシアのbox officeで圧倒的な1位でアジアの映画界を導いている。今月24日の公開を控えたベトナムでは全体予約率1位を記録し、『パラサイト 半地下の家族』の事前予約量(1万6000)を上回った。

一方、『半島』は『新感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後の廃墟と化した土地に残された者たちが繰り広げる最後の死闘を描くアクションブロックバスター映画だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-07-18 10:00:03