「夫婦の世界」に出演したハン・ソヒの母、詐欺疑惑が浮上


女優のハン・ソヒが母親の借金詐欺の疑惑に包まれている中、所属事務所が沈黙と貫いている。

今月18日、あるオンラインコミュニティには「『夫婦の世界』芸能人の母の詐欺」というコメントが掲載された。Aさんは自分が詐欺被害者で、JTBCドラマ『夫婦の世界』で大きな愛を受けた女優の母親が詐欺師だと主張した。

Aさんは「今回、『夫婦の世界』で急浮上した人の母親Bさんが詐欺師であることを知らせたくて書いた」とし「1000万ウォン近くの同好会のお金を横領して潜伏した」と主張した。

Aさんによると、Bさんは借用証を作成し、毎月返済するとしたが、約束とは違って連絡先を変えて連絡が途絶えたという。また、A氏は「利子を除いた元金だけをもらうという提案にもお金を払わず、3年間で10万ウォンだけを返済した」と吐露した。

さらに「娘が成功すれば一発だからあげる」と約束したこともあるという。

Aさんは「ソウルの娘エンターテイメントを訪ねたりした」とし「正直に言って、あの芸能人のテレビを見るたびにとても腹が立って私のお金であんなに人気になったんですか?こんな考えしかできない。私はこんなにつらいのに、あの芸能人はお母さんが詐欺をしても売れっ子になったのかとしか思えない」と苦しい気持ちを吐露した。

こうした中、Bさんの娘である『夫婦の世界』の出演者はハン・ソヒではないかという疑惑を受けている。ハン・ソヒが『夫婦の世界』で大きな愛を受けて一躍スターになったからだ。ハン・ソヒの名前までポータルサイトのリアルタイム検索ワードに載っている中、数回にわたる通話の試みにも所属事務所側は沈黙を貫いている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-07-19 17:06:39