トップ > エンタメ > K-POP > LADIES’ CODEソジョン上顎骨手術を終えて回復中

LADIES’ CODEソジョン上顎骨手術を終えて回復中

クォン・リセは現在も意識不明の状態 

  • LADIES’ CODEソジョン上顎骨手術を終えて回復中
LADIES’ CODEウンビの出棺式が終わり、メンバーソジョンの上顎骨手術が終わった。

5日LADIES’ CODEの所属社側は「午前、故ウンビの出棺式が終わった」とし「故ウンビの葬儀はカトリック教式に進行され、ソウル追慕公演にて火葬された後に分唐スカイキャッスルに安置された」と明かした。

続けて「家族の方々とイェシュリ、ジュニ、所属社の仲間たちと友人、そして20数名のファンたちが故ウンビの最後を共にした」とし「イェシュリとジュニはまだ体が完治していないが最後までウンビと席を共にし挨拶を交わした」と付け加えた。

また、所属社は「故ウンビに送ってくださった多くの方たちの追悼がつらい時間を送っている家族、メンバー、私たち職員たちに大きな力となり、無事に終えることができた」とし「深く感謝の気持ちを伝え、まだ目覚めていないリセとこれから治療と安静を取らねばならないソジョン、イェシュリとジュニに多くの方たちの絶え間ない応援と祈りをお願いしたい」と話した。

続けて「骨折を負ったソジョンは今日、上顎骨部分接合手術を受けて現在回復中であり、今後の回復の経過にあわせて追加治療を並行する予定であり、今日の葬儀を共にしたイェシュリとジュニは再び入院治療を受ける予定」だと伝えた。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-05 19:45:00