Cheetah、 チェ・ドンソク夫婦と事故を起こした逆走トラックを通報していた


ラッパーのCheetahがタレントのパク・ジユン、チェ・ドンソクアナウンサー夫婦の交通事故現場にいたことが確認された。

Cheetahの所属事務所の関係者は28日、毎日経済スタートゥデイに対し「Cheetahが今月27日、高速道路で逆走していたトラックを辛うじて避けた。その後一行が警察に通報した」とし「パク・ジユン、チェ・ドンソク夫婦の事故を記事で聞いてとても驚いたと言った」と明らかにした。

27日午後8時30分頃、釜山(プサン)金井区(クムジョング)の京釜(キョンブ)高速道路上り線1.7キロ地点で、チェ・ドンソクが運転していたボルボの乗用車が逆走する2.5トンのトラックと正面衝突する事故が発生した。

この事故でパク・ジユン、チェ・ドンソクは首と手首などに負傷し、10代の娘と息子も軽傷を負って近くの病院に搬送された。トラックの運転手は左足が折れるなど重傷を負ったという。

警察は逆走トラックの運転手の血中アルコール濃度が免許取消しのレベルだったことを確認し、今後調査を進める予定だ。

一方、パク・ジユン、チェ・ドンソク夫婦は釜山梁山(ヤンサン)病院で簡単な治療後、子どもたちと一緒にソウルに移動中だ。 外傷的には問題ないが、交通事故であるだけに精密検査を受ける予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-07-28 15:04:15