T-ARA、11周年をお祝い「青春を共にしてくれてありがとう」


グループT-ARAのメンバーたちが11周年を祝った。

ヒョミンは29日、自分のインスタグラムに「11周年を記念して下さって感謝します。毎回もらってばかりなので、そしてお返しするという言葉ばかりで申し訳ありません」と話を切り出した。

続いて「うまく表現できませんが、いつも近くにいてもありがたく恋しいメンバーたち、そして私の青春を共にしてくれた私たちのファンたち、本当にたくさん愛してる。2009年7月29日から11年が過ぎた今日。11th anniversary」と祝った。

これと共に公開された写真には、これまで発売してきたT-ARAのアルバムとソロアルバムが画面いっぱいに広げられている。長いあいだ愛されてきただけに、さまざまな種類のアルバムが注目を集める。

また、ソヨンは「今日、T-ARAとソヨンがデビュー11周年です。お祝いしてくださり、とても感謝しています。一日も早く全世界がみんな元気になって遠くにいらっしゃるファンの方々にも一日も早くお目にかかる日が来ますように。愛しています」と11周年を迎えた感想を明らかにした。

一方、ウンジョンは「11年間、共にしてくれてありがとう。大切な私の思い出」というコメントと共にデビュー11周年を意味する数字「11」をT-ARAの文字で自ら描いた絵を公開した。

一方、T-ARAは去る2009年にデビューした。以後「Roly-Poly」「Bo Peep Bo Peep」「Lovey-Dovey」など多くの曲をヒットさせた。メンバーの追加と脱退などを経たT-ARAは2017年に公式最後の完全体アルバムを発売した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者 / 写真=
  • 入力 2020-07-29 17:43:50