トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「カイロス」シン・ソンロク&イ・セヨン&ナム・ギュリ、台本リーディング

「カイロス」シン・ソンロク&イ・セヨン&ナム・ギュリ、台本リーディング


  • 「カイロス」シン・ソンロク&イ・セヨン&ナム・ギュリ、台本リーディング
俳優のシン・ソンロク、イ・セヨン、アン・ボヒョン、ナム・ギュリの台本リーディングの現場が公開された。

今年下半期に放送予定のMBC新ミニシリーズ『カイロス』(脚本イ・スヒョン、演出パク・スンウ)は幼い娘が誘拐されて絶望に陥った1か月後の男ソジンと失踪した母を捜す1か月前の女エリが愛する人を救うために「時間を横切って」孤軍奮闘するタイムクロッシングファンタジースリラードラマだ。現在と過去を貫く興味津々なストーリーに主演と助演俳優たちの好演が加わり、カタルシスをプレゼントする予定だ。

この日、台本リーディングの現場には『カイロス』を率いていく主役たちが集まった。

新鮮なアイテムを素材に完成度の高い作品を作っていくパク・スンウ監督とイ・スヒョン作家をはじめ、シン・ソンロク(キム・ソジン役)、イ・セヨン(ハン・エリ役)、アン・ボヒョン(ソ・ドギュン役)、ナム・ギュリ(カン・ヒョンチェ役)、シング(ユ・ソイル役)、カン・スンユン(イム・ゴンウク役)、ファン・ジョンミン(クァク・ソンジャ役)、コ・ギュピル(キム・ジンホ役)など検証済みの演技力を誇る俳優たちが参加し、特急シナジーを発散してお茶の間劇場を盛り上げるドラマの誕生を予告した。

本格的なスタートに先立ち、パク・スンウ監督は「演出は人を集めるのが90%だと思う。いい人たちと一緒に始められて心強い」と俳優に対する限りない信頼を示した。作家イ・スヒョンは「代替不可の演技者と共にできて光栄だ。最善を尽くす」と温かい言葉を伝えた。

強い野望の主人公、キム・ソジン役のシン・ソンロクは「シナリオを面白く読んでぜひ参加したかった。機会をくださったことに感謝している」と作品に対する特別な愛情を示した。彼と呼吸を合わせるハン・エリ役のイ・セヨンは「新しい演技変身に先立って少し緊張しているが、頑張る」と覚悟を決めて熱い反応を得た。

本格的な台本リーディングが始まると、俳優たちは演じた役柄に溶け込み、没入度を一気に引き上げた。血のにじむような努力でユジュン建設の最年少取締役を獲得したキム・ソジンに扮したシン・ソンロクは、慎重なカリスマ性を発揮し目が離せない演技を披露した。イ・セヨンは苦しい生活の中で激しく生きていくハン・エリ役を繊細な表現力で描き出し、感情を合わせ始めた。2人は安定的な演技呼吸を交わしながら期待感を一層高めた。

アン・ボヒョンは完璧な能力値を誇るソ・ドギュン役に溶け込み、強烈な眼差しを発散、ずっしりとした存在感を示した。バイオリニストでキム・ソジンの妻のカン・ヒョンチェに扮したナム・ギュリは、絶えず訪れてくる苦難に揺れる内面を繊細な感情演技で表現して緊張感まで加えた。

ユジュン建設会長のユ・ソイルに扮したシングは、深い演技力で雰囲気を圧倒し、みんなの感嘆を誘った。ハン・エリの友人イム・ゴンウク役のカン・スンユンは明るいエネルギーでイ・セヨンとの完璧なコンビネーションを披露し、ハン・エリの母親クァク・ソンジャ役のファン・ジョンミンは胸が熱くなる母性愛を描き出し、没入度を一層高めた。それだけでなく、コ・ギュピル、イム・チョルヒョン、イ・ジュミョン、チョ・ドンイン、ソ・ヒジョンはキャラクターの魅力と完璧な呼吸で爆発的なシナジーを期待させた。

このように信じて見られる俳優たちの好演と緊張感あふれるストーリー、「タイムクロッシング」という新鮮な素材で期待感を生んでいるMBCの新ミニシリーズ『カイロス』は今年下半期にお茶の間劇場を訪れる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-08-04 09:11:16