パク・ソジュンからソン・ジュンギまで 豪雨被害者のための寄付リレー続く


集中豪雨で被害を受けた被災者のための芸能人の寄付が続いている。

4日、希望ブリッジ全国災害救援協会によるとパク・ソジュンは最近、続く豪雨で被害を受けた地域や被災者のために使ってほしいと1億ウォンを寄付した。

パク・ソジュンは昨年、江原道地域に山火事の被害が発生した時も希望ブリッジ全国災害救護協会に1億ウォンを寄付している。今年、コロナウイルスが拡散する時期には大邱社会福祉共同募金会に1億ウォンの寄付をして善行の先頭に立っている。

3日、希望ブリッジ全国災害救援協会によるとユ・ジェソクはこの日午前、2020水害被害緊急救援キャンペーンに1億ウォンを伝達した。

ユ・ジェソクは国家的な災難事態が起きるたびに静かで安定した寄付を続けてきた。2006年水害義捐金1000万ウォンを寄付したことを皮切りに、2014年セウォル号惨事、2016年大邱西門市場火災、2017年浦項地震、2019年江原道山火事など、災難・災害時に「良い影響」を見せた。

今年初めには新型コロナウイルス拡散防止のために1億ウォンを希望ブリッジに寄付した。ユ・ジェソクがこれまで希望ブリッジに寄付した金額は7億1000万ウォンに達する。

俳優ソン・ジュンギ、ユ・インナ、歌手チャン・ユンジョンも被災者のために使ってほしいとそれぞれ5000万ウォンずつを寄付した。イ・フィジェの妻であるフラワーリストのムン・ジョンウォン、タレントのキム・ナヨンがそれぞれ3000万ウォンを寄付した。

ホン・ヒョニとジェイスン夫婦は2000万ウォンを寄付した。最近、交通事故に遭ったタレントのパク・ジユンも2000万ウォンを寄付した。タレントのユ・ビョンジェ、キ・ウンセもそれぞれ1000万ウォンを寄付した。

一方、中央災難安全対策本部によると1日から4日まで中部地域に続く集中豪雨で26人が亡くなったり行方不明になり、1500人を超える被災者が発生した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-08-05 08:17:36