キム・ナムギル「オッケー!マダム」に特別出演 スチールカットがすでに面白い


キム・ナムギルの特別出演が話題だ。映画『オッケー!マダム』(イ・チョルハ監督)で予想外な登場で笑いを誘い大活躍したもの。

『オッケー!マダム』は生涯初めての海外旅行で突然、飛行機ハイジャック事件に巻き込まれた夫婦が平凡だった過去を後にして、隠してきたスキルで救出作戦を繰り広げる超特級アクションコメディ映画だ。

『クローゼット』『殺人者の記憶法』『無頼漢 渇いた罪』とドラマ『熱血司祭』『医心伝心~脈あり!恋あり?~』などジャンルを問わず多彩な役を完璧に消化し、毎作品ごとに代表作を更新しているキム・ナムギルは『オッケー!マダム』に特別出演、注目度を高める。

今回の映画でキム・ナムギルは高所恐怖症を持ちながらもハワイ行きの飛行機に搭乗しなければならなかった、別名「緊張男」の役を引き受けて予期せぬコミカル演技を披露する。

アイマスクをしたままもうろうとした表情で飛行機の内部を見るキム・ナムギルの表情は突然拉致事件に巻き込まれた「緊張男」キャラクターが見せる活躍への好奇心を刺激する。

予想外な瞬間に登場して観客に新鮮な笑いを届けるキム・ナムギルは「チームオッケー」と愉快な相性を誇って映画のあちこちで楽しさを加えるものと期待を集めている。

イ・チョルハ監督は「限られたスペースの中でキャラクターの面白さを表現してくれる俳優が必ず必要だと考えたが、キム・ナムギル俳優こそが最適のキャスティングだった」と耳打ちした。

シナリオを興味深く読んで快く出演を決心したというキム・ナムギルの活躍が『オッケー!マダム』の鑑賞ポイントの一つになる見通しだ。韓国で12日に公開。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-08-06 07:31:17