VIXXホンビンがグループ脱退 事務所が発表「話し合いの結果」


ホンビンがVIXXから脱退する。

VIXXの所属事務所Jellyfishエンターテイメントは7日、「まずVIXXに多くの愛を送ってくださるファンの皆さんに心から感謝し、残念な知らせを伝えたい」とし「ホンビンがVIXXから脱退したいという意思を明らかにしてきた」と知らせた。

続いて「当社はVIXXのメンバー、ホンビンと慎重に話し合った結果、本人の意見を尊重してチームを脱退することを決定した」と明らかにした。

また、所属事務所側は「今後、VIXXは5人体制で活動を継続する予定で、突然の知らせにファンの皆さんに心配をおかけして大変申し訳なく、VIXXのメンバーたちにも変わらない愛と応援を送ってほしい」と付け加えた。

ホンビンは去る3月、個人ライブ配信1周年を迎えて「飲酒ライブ配信」を進行した。ライブ配信途中、ホンビンはSHINee、EXO、INFINITE、Red Velvetなどの先輩後輩アイドルグループの曲とステージパフォーマンスを露骨な発言で侮辱して、視聴者たちに指のサインで悪口を言うなど軽率な行動で物議をかもした。これにホンビンは数時間後にライブ配信を再開して「侮辱しようとしたわけではないが、一部だけを見た時は問題になるのは確かだ。申し訳ない」と謝罪した。

ホンビンは同日、SNSに「私の誤った言動により傷ついたアーティストの方々とアーティストのファンの皆さんに心からお詫びする」とし「言い訳の余地はなく、いかなる理由であっても深く考えなかった軽率な行動に深く反省する」とし謝罪文を掲載して個人放送を暫定的に中断すると発表した。

ホンビンは去る6日、トゥイッチと関連するコミュニティに「放送を休むあいだ、多くの大きな変化があった。まだ適応中だが忙しない。今後の放送もどのような変化があるかはまだ分からない。前のようにリラックスして見ることができる、笑って騒ぐことができる放送を頑張って作ってみようと思う。とても未熟でまだ迷っている姿が見えるかもしれないが、おもしろく一緒に楽しむことができる放送になるよう、より努力するようにする。申し訳ない。多く待たせして。すぐに会おう」と復帰を予告した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-08-07 20:37:18