「コンビニのセッピョル」キム・ユジョン&チ・チャンウク、放送終了の感想


チ・チャンウクとキム・ユジョンが『コンビニのセッピョル』の放送終了について感想を伝えた。

SBS金土ドラマ『コンビニのセッピョル』(脚本ソン・グンジュ、演出イ・ミョンウ、制作TAEWONエンターテインメント)が最終回まで2回しか残っていない中、チェ・デヒョン(チ・チャンウク)とチョン・セッピョル(キム・ユジョン)の最後はどんな姿なのか、結末への関心が集まっている。

『コンビニのセッピョル』はお茶の間劇場で笑いを誘うコメディドラマとして愛され、初回の放送から7週連続ミニシリーズ1位を維持してきた。店長のチェ・デヒョンと一緒にアルバイト中の純粋なキャラクターを含め、個性豊かな人物たちが繰り広げる愉快で心温まる物語が視聴者を魅了した。

最終回を翌日に控え、チ・チャンウクとキム・ユジョンに『コンビニのセッピョル』に対する感想を聞いてみた。

◆チ・チャンウク「本当に楽しかった撮影、 最後まで楽しく見てください」

チ・チャンウクは、コンビニの店長であるチェ・デヒョンのキャラクターを通じて、自然な生活演技やコミック演技を披露し、幅広い演技スペクトラムを立証した。他人を配慮して助けるチェ・デヒョンの姿はチョン・セッピョルを含めて全ての視聴者の心を温かくして、チ・チャンウクはこのようなチェ・デヒョンに200%没頭した演技で、近所のどこかにいそうな店長チェ・デヒョンを完璧に表現した。

チ・チャンウクは「4か月ほど撮影しながら 本当に楽しく撮影できたと思います。最後の撮影は本当にすっきりしながらも名残惜しかったです。今まで楽しく見てくださった方々、本当にありがとうございます。 最後まで楽しく見守ってください」と視聴者に感謝の言葉を伝えた。

◆キム・ユジョン「コンビニの初出勤からすべての場面が記憶に残っている。ありがとうございます」

キム・ユジョンは『コンビニのセッピョル』の中心で大活躍した。特に、チョン・セッピョルのアクションを完璧に消化したキム・ユジョンのアクション演技は、劇の笑いと痛快さを担当し、視聴者を歓呼させた。それだけでなく、キム・ユジョンはセッピョルの愛らしさと義理あふれる面貌、そして人々の偏見に傷ついた内面の痛みまで表現して視聴者から応援された。

キム・ユジョンの多彩な魅力が『コンビニのセッピョル』をいっぱいに満たしたという反応だ。

キム・ユジョンは「最後の撮影を一日中したが、すっきりもしたし実感が湧かない気がします。コンビニの初出勤から、店長と言い争った場面、セッピョルがアクションをしていた姿、全て記憶に残っています。一緒に出演したすべてのスタッフの方々と俳優の方々、監督の方々に感謝の意を伝えたいし、視聴者の方々に感謝の意を伝えたい」と感想を伝え『コンビニのセッピョル』を最後まで視聴してくださるよう頼んだ。

最後まで見逃せないチェ・デヒョンとチョン・セッピョルの話はどんな結末になるのか、最終回まであと2話だけを残しているSBS金土ドラマ『コンビニのセッピョル』の15話は7日午後10時に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-08-07 17:08:02