TWICE、126か国のONCEと一緒に初のオンラインコンサートを開催


グループTWICEが世界126か国のファンと共に行った初のオンラインコンサートを成功させた。

9日の午後3時(韓国時間)、NAVER V LIVEを通じて単独オンラインコンサート「Beyond LIVE -TWICE: World in A Day」(以下「World in A Day」)を開催した。

これは3月、新型コロナウイルス感染症の影響でワールドツアー「TWICE WORLD TOUR 2019:TWICE WORLIGHTS」(以下「TWICELIGHTS」)のフィナーレ公演が中止となって以来、TWICEが万全を期して準備したオンラインコンサートだ。

「ニューノーマル時代」に合わせて行われた今回の公演は「一日で回るワールドツアー」という独特なコンセプトで企画され、9人のメンバーは全世界を回るパイロットに変身した。

「TWICELIGHTS」の開催地であったソウル、バンコク、マニラ、シンガポール、メキシコシティ、ニューヨーク、シカゴ、クアラルンプール、日本の7都市の計16地域のランドマークを華やかなアートワークで視覚化したのに続き、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の中の空間を超越した未来型自動車を最先端AR技術で具現した。

「World in A Day」はデジタル領域でしか見られない各種新技術が総動員された。特に「YES or YES」のステージでは互いに違う衣装を着た18人のTWICEが登場し、オンラインで視聴中の観客を驚かせた。これはMCC(Motion Control Camera)システムを活用したもので、TWICEのダイナミックなパフォーマンスを一層ダイナミックに演出した。

「MORE&MORE」が始まるとステージが一瞬にして木や花、リンゴで覆われながら森の中に瞬間移動したかのような錯覚に陥れた。

この他にも「SHADOW」、「FIREWORK」、「21:29」、「LOVE FOOLISH」などファンが見たがっていた収録曲のステージを公開し、グローバルファンの愛に報いた。

また、デジタルインタラクション技術を通じて200人の観客と同時にビデオチャットをするイベントを準備し、リアルタイムで質問と答えを交わすなど、世界各地のファンとコミュニケーションを図った。

メンバーは「TWICEという名前で初めて行われるオンラインコンサートなので緊張もし、心配もした。今日の公演を通じて、全世界のファンの皆さんが心を一つにして私たちを応援してくれることが感じられた。ファンの皆さんのおかげでもっと大きなエネルギーをもらえたし、本当に幸せだ。皆さんにも良い思い出になればと思う」と感想を述べた。

また、「MORE&MORE」の英語バージョン発売を伝え、すべての公演が終わった後はカジュアルな服装で舞台に上がり、ファンと話をする時間もあった。

画面効果や画質、音響などの技術的な完成度はもちろん、9人のメンバーの深いファンへの愛情まで加わった今回のコンサートで、TWICEの歴代級公演リストがもう一つ追加された。

一方、「World in A Day」はJYPエンターテインメントのトップでグローバルプロデューサーのパク・ジニョンが公演コンセプトから主要アイテム、公演名など企画全般に参加し力を加えた。

パク・ジニョンはTWICEの初のオンライン公演をより特別なものにするための惜しみない支援を送り、彼女たちが意気投合した「World in A Day」は成功裏に終わった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-10 11:13:09