故ク・ハラさんが叔母に 兄ク・ホインさんに第1子誕生「妹が思い浮かんで涙」


故ク・ハラさんが叔母になった。

ク・ハラさんの兄ク・ホインさんは10日、自身のSNSに「2020年08月10日14:38 ク・ハリンです。妹のことが思い浮かんで涙が出ます。お祝いしてくださった方々に感謝します」というコメントと共に写真を掲載した。

公開された写真には、生まれたばかりの赤ちゃんの姿がおさめられている。

この日、ク・ホインさんには第1子が誕生したことが分かった。これでク・ハラさんは叔母になった。

先立って去る3月、ク・ホインさんは妻の妊娠の事実を知らて「入棺のとき「兄さんの娘として生まれておいで。僕らが実母から愛されずに育ったから、兄さんが愛情をかけて元気に育ててあげる」と祈ったけど、一週間後に願いが叶った。娘だ」とし「名前はハラがかわいいと言っていたハリンにした。姪が元気に生まれて元気に育つように見守って」と妹への切ない心境を表わして切なくさせていた。

一方、ク・ホインさんは11日、ソウル汝矣島の国会議員会館で記者会見を開いて養育義務を怠った親の相続権を剥奪する内容の「ク・ハラ法」の通過を訴えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-08-11 21:52:12