コン・ユ、本名コン・ジチョルで豪雨被害者のために1億ウォンを寄付


俳優のコン・ユが暴雨被災者のために1億ウォンを寄付した。

14日、希望ブリッジ全国災害救護協会によると、コン・ユは本名のコン・ジチョルで1億ウォンを寄付した。

所属事務所のマネジメントSOOPによると、コン・ユは所属事務所を通さず静かに1億ウォンを渡していたという。

コン・ユは今年2月、新型コロナウイルスの拡散防止に使ってほしいと「愛の実」(サランエヨルエ)に1億ウォンを寄付している。

コン・ユは映画「ソボク」(監督イ・ヨンジュ)に出演し公開を控えている。

生涯最後かもしれない任務を遂行することになった元情報要員キホン役を演じ、繊細な感情と強烈なアクションを同時に披露する予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-08-14 15:34:54