KARA出身スンヨン、新ドラマ「学校奇談ウンボ」に出演決定


シネドラマ『学校奇談ウンボ』にハン・スンヨン、ユン・ソンモ、キム・ヨンフン、ワン・ビンナ、パク・ジョンハク、オ・スンウン、クォン・ハンソルの出演が確定した。9月、お茶の間劇場に息を止める恐怖を与える「ゾクゾク組合」が完成し、目を引く。

シネドラマ『学校奇談ウンボ』は、ウンボ高校に赴任したばかりの女性教師ユイがウンボ高校の近くの幼い頃に住んでいた邸宅に引っ越し、父親の日記を通して両親の過去と家族の悲劇を知る物語を描く。

ハン・スンヨンはテスとチョンヘの娘で、ウンボ高校の教育実習の教師ユイ役を演じた。

20年前、父親が英語教師をしていたことについて、英語教師として赴任するようになってから、両親の疑問死にまつわる真実を暴く。溌剌として愛らしいアイコンの代名詞、ハン・スンヨンの大胆な演技変身と恐怖クイーンの挑戦に多くの人々の関心が集まっている。

ユン・ソンモは、劇中のユイに好感を持つ同僚教師ソンミン役を演じた。 ソンミンはウンボ高校に新しく赴任したユイが、両親に対する記憶を呼び起こすのに協力する。アイドル超新星でデビューして以来、着実にフィルモグラフィを蓄積しているユン・ソンモが『学校奇談ウンボ』でどんな演技を見せてくれるのか期待を集めている。

疑問の死を遂げたハン・スンヨンの両親に、キム・ヨンフンやワン・ビンナがキャスティングされた。キム・ヨンフンは劇中でユイの父親テス役を演じた。事業失敗後、閑静な田舎にあるウンボ高校の教師として復帰するが、そこで起きるミステリアスな状況によってどんどん壊れていく人物。これに先立ち、『花様年華-人生が花になる瞬間』、『医師ヨハン』、『自白』などで強烈な演技力を披露したキム・ヨンフンだけに、彼の独特なホラー演技への挑戦に期待が集まっている。

ワン・ビンナは劇中のユイの母親でピアニストのチョンヘに扮する。チョンヘは優しくて温かい母親であり、妻。夫の事業が失敗しピアニストの夢が止まると、思いもよらない現実にうつ病まで抱えるようになる。ワン・ビンナは前作で切ない母親の演技で注目を集めたため、彼女が見せてくれるもう一つの母性愛の演技が気になるところだ。

パク・ジョンハクはチュンヒの父であり、過去に不法韓方薬屋を経営した韓方医、パク・ノインを演じユイの家をさまよう怪しい行動で劇に緊張感を加える。「コンセプト職人」という愛称が付けられるほど、作品ごとに視聴者に深い印象を残してきた彼が、今度はどんな変身を披露するか好奇心を刺激する。

オ・スンウンはドラマの中でテスと正社員の座をめぐって競争するウンボ校の教師チュンヒ役を演じた。チュンヒはソウルから来たエリートのテスに競争意識を感じ、正規職になるために手段と方法を選ばない人物だ。前作で財閥に入るのために孤軍奮闘する欲望の化身として強烈な印象を残したオ・スンウンが、再び最高のキャラクターを更新できるかどうかが注目される。

クォン・ハンソルはチュンヒの娘でありウンボ高校のいじめられっ子ミジン役を演じた。自分のために手を差し伸べた教育実習生のユイに従う人物だ。最近OCNの『トレイン』で、短くても存在感あふれる登場で視聴者の目に留まったクォン・ハンソルが、再びお茶の間劇場に強い存在感をアピールする予定だ。

シネドラマ『学校奇談-ウンボ』の制作陣は「ハン・スンヨン、ユン・ソンモ、クォン・ハンソルなどホットルーキーにキム・ヨンフン、ワン・ビンナ、パク・ジョンハク、オ・スンウンなどベテラン俳優まで加わった強大なラインナップが完成した」とし「両親の死にまつわる不気味な秘密ストーリーとしっかりした演技力を持った俳優たちの出会いを期待してほしい」と伝えた。

一方、シネドラマ『学校奇談-ウンボ』は、Seeznで8月27日に初公開され、オルレTVで9月3日、TVCHOSUNで9月12日に順次公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-08-15 08:49:12