BTS、新曲「Dynamite」が104地域のiTunesトップソングチャートで1位


グループBTSのニューデジタルシングル「Dynamite」が、iTunesで104カ国及び地域で1位になった。

21日の午後1時(以下、韓国時間)にリリースしたBTSデジタルシングル「Dynamite」で全世界に活力を届けている。

「Dynamite」は22日の午前8時現在、世界104カ国及び地域のiTunes「トップソング」チャートで1位を占めた。新型コロナウイルスのために全世界的に大変な時期に希望のメッセージを送り、全世界のファンと一緒に過ごしたいというBTSの真正性が通じた快挙と評価されている。

BTSは今年2月にリリースした4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』以来6か月ぶりに軽快なディスコポップジャンルの「Dynamite」でカムバックした。前のアルバムで自分たちの率直な話で共感を引き出したとしたら、今度は新型コロナウイルスで厳しい時期を過ごしているみんなのための希望のメッセージを選択した。

デイヴ・スチュワート(David Stewart)やジェシカ・アゴンバー(Jessica Agombar)が作詞・作曲に参加した「Dynamite」は中毒性が強く、清涼なメロディーが際立つ曲だ。歌詞には「幸せ」と「自信」というメッセージを盛り込んで、BTSならではのヒーリングソングを完成した。

「Dynamite」のミュージックビデオも爆発的な人気を集めている。プロモーションビデオは、公式Youtubeチャンネルを通じて公開されてから20分で再生回数が1000万回を突破し、22日の午前9時基準で8473万回を超えている。BTSは、プロモーションビデオで、レトロコンセプトを打ち出し活気に溢れ爽やかな魅力を発散した。

Dynamiteのリリース当日、グローバル記者懇談会をオンラインで開き本格的な活動を始めたBTSは、国内だけでなく海外の放送にも積極的に出演し世界中のファンにアピールしている。22日の午前6時には米国の有名音楽番組「MTV Fresh Out Live」に出演し新曲の紹介に乗り出した。リモートをつなげてMCの質問に答える方式で進められた。

BTSは「「Dynamite」は大変な状況でも自分にできることに集中しようという趣旨の曲だ。本当に楽しいディスコポップジャンルで、この曲が皆さんに良いエネルギーを 与えることができたらと思う。私たちにも新鮮な挑戦であり、突破口になると思った」と明らかにした。

また、今月31日に行われる「2020MTV Video Music Awards」で初めて「Dynamite」の舞台を公開することについては「初公開の舞台なので緊張している」としながらも「新しいパフォーマンス、衣装、ヘアスタイルなどを期待している」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-22 10:21:45