「愛の不時着」ソン・イェジン、時代劇のオファー受けて検討中


女優ソン・イェジン側がドラマ『心に切られる』の主人公オファーに対する立場を明らかにした。

ソン・イェジンの所属事務所MSTEAMエンターテイメントの関係者は25日、毎日経済スタートゥデイに「『心に切られる』は提案を受けた数多くの作品の一つ」とし「出演と関連して決まっていることは何もない」と明らかにした。

ソン・イェジンは現在、ハリウッド映画『クロス』を次期作として確定して撮影を具体的に調整している状態だ。本格的な撮影は来年上半期から行われる予定だ。

一方、『心に切られる』はビクトリーコンテンツが制作する時代劇で、韓国の昔話であるピョンガン姫(平岡公主)とオンダル(温達)の話をもとにしたドラマだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-25 14:10:06