シム・ウンギョン、ドラマ「7人の秘書」にキャスティング


女優のシム・ウンギョンが映画に続いてドラマにもキャスティングされ日本での活躍を続ける。

25日、日本メディアによるとシム・ウンギョンは10月から日本の朝日テレビで放送されるドラマ『7人の秘書』に出演する。

『7人の秘書』は日本の政財界、大学病院、警察などの高位幹部を補佐する秘書たちが自分たちの能力と極秘情報などを利用して悪人を処断する話。『ドクターXシリーズ』などを執筆したベテラン作家中園ミホが台本を書く。

シム・ウンギョンのほか、木村文乃、広瀬アリス、菜々緒、大島優子、江口洋介が出演する。シム・ウンギョンは劇中で大学病院長の秘書パク・サラン役を演じる。

シム・ウンギョンは映画『新聞記者』で日本で注目を集めたのに続き『ブルーアワーにぶっ飛ばす』で日本アカデミー主演女優賞を受賞し、ドラマで大衆性を高める見通しだ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-08-25 15:30:25