BoA、デビュー20周年の感想「歌手として成人になった気分」


歌手BoAがデビュー20周年の感想を伝えた。

BoAは25日、自身のインスタグラムでデビュー20周年を迎えた感想を伝えた。彼女は「歌手として20歳のBoAだ。歌と踊りが好きで始めたのが昨日のようなのにもう20周年なんて時間が経つのが早い。

ある意味では歌手として成人になったばかりのような感じだ」と明らかにした。

また「子どもの頃は、何もかもが不思議で面白く時にはこの幸せがいつまで続くのかと思っていたが、音楽が好きで舞台も好きで、そしてファンに対する感謝の気持ちで前進してみたら、もう20年が経った」と話し時間の流れに驚いた。

そして「私の今までの時間を振り返ってみると、私は本当に同じではなかったと思ったけど、ファンの皆さんは待ってくれて応援してくれて信じてくれて…。これからは私がもっと頑張らなければならないという気がした。私がステージで歌える日まで、 今のように応援して信じてほしい。私の20年間を共にしてくれた大切なファンたちへ、ありがとう、そして愛している」とファンに対する感謝の気持ちを伝えた。

BoAは2000年8月25日にファーストアルバム『ID:PEACE B』をリリースし13歳でデビューした。「No.1」「Atlantis Princess」「My Name」「Only One」など数多くのヒット曲を出した彼女は、韓国と日本を行き来しながら韓流スターとして活躍している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-08-26 07:27:38