「100日の朗君様」キム・ソンホ、今度は投資の天才役でスジと共演


キム・ソンホがtvNドラマ『スタートアップ』に出演する。

『スタートアップ』は韓国のシリコンバレー、サンドボックスで未来のスティーブ・ジョブズを夢見てスタートアップに飛び込んだ若者たちの成長期を描いたドラマで10月に放送予定だ。スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホ、カン・ハンナが出演する。果てしなく厳しくて大変でも、きらびやかな青春の挑戦と成長、ときめくロマンスを披露する。

『トゥー・カップス』や『100日の朗君様』に出演して大衆の認知度を上げ、昨年には『ウラチャチャ・ワイキキ2』『幽霊を捕まえろ』に出演し忙しくスケジュールを消化したキム・ソンホは現在、KBS2のバラエティ番組『1泊2日』の新しいシーズンに出演しながらまた別の姿を見せている。次期作の『スタートアップ』ではこれまで見せてこなかったまた別の姿を見せる予定だ。

『スタートアップ』の制作陣は最近「スジ、ナム・ジュヒョク、キム・ソンホ、カン・ハンナという人気の青春スターたちが集まって生まれるエネルギーが格別だ。青春の話を扱うだけに、共感できて挑戦的で、トレンディな作品へと完成させるために全員で一生懸命に撮影中なので、初放送を楽しみにしてほしい」と伝えた。

キム・ソンホは借金を返済するためにスタートアップ界に身を置くハン・ジピョン役を引き受けた。SHベンチャーキャピタルのシニアチームリーダーである彼は霊感が働いたかのような投資の実力と毒舌で投資界のゴードン・ラムゼイと呼ばれる。そんな毒蛇のような彼も過去に自分に恵みを施してくれた、ただ一人だけには限りなくおとなしい姿を見せる。

スジは韓国のスティーブ・ジョブズを夢見る力強い若者ソ・ダルミ役を、ナム・ジュヒョクはサムサンテックの創業者であり左脳型人間ナム・ドサンを演じる。カン・ハンナは学歴、美貌、財力のすべてを持ち合わせたCEOウォン・インジェを演じる。

一方、、tvNの新しい土日ドラマ『スタートアップ』は韓国で来る10月に初放送される予定だ。
  • もっと!コリア コンテンツ部
  • 入力 2020-08-26 13:15:51