「九尾狐伝」イ・ドンウクのティーザーポスターが公開


「明と暗を超える強烈さ!」

tvNの新水木ドラマ『九尾狐伝』が九尾狐イヨンの魅惑的で強烈なカリスマ性が目立つティーザーポスターを公開した。

10月に初放送されるtvNの新水木ドラマ『九尾狐伝』(脚本ハン・ウリ、演出カン・シンヒョ)は都市に定着した九尾狐と彼を追うプロデューサーのファンタジーアクションロマンスドラマだ。イ・ドンウク、チョ・ボア、キム・ボムなど情熱的な俳優たちと『小さな神の子供たち』以後再び意気投合したカン・シンヒョ監督、そしてハン・ウリ作家との出会いで注目されている。

これと関連して『九尾狐伝』の世界観を導く主軸のイヨン(イ・ドンウク)の魅力が強烈に発揮されたティーザーポスターが初登場し注目を集めている。

イ・ドンウクが演じるイヨンは、一時白頭大幹を治める山神だったが、現在は都心に定着し現世と冥界を行き来しながら現世を乱す妖怪たちを処理する審判者として活動している九尾狐だ。準財閥級の資産、人を魅了する美色、賢い知能など、あらゆる能力を取り揃えたイヨンは、人間と一緒になって心臓に響く残酷な恋物語を披露する。

さらに濃い青緑色の背景にブラックトーンを加えたティーザーポスターは、千年たった九尾狐イヨンの華やかさを倍増させている。高貴さと冷たい都市のシックさを加えた2020年のモダン九尾狐イヨンの密度深い感情線がそのまま表現されているのだ。

まるでイヨンの内面に込められた多様な感情を物語るかのように魅惑的でありながら冷笑を現わした、どこか憂愁に満ちたイヨンの奥妙な雰囲気が明と暗を超える強烈さを醸し出している。

特に、青白いイヨンの顔の間から一筋の光が差し込んでくる中、闇の中の瞳は人間の瞳だが、光を受けた瞳が九尾狐本来の姿を現し、秘密の世界を見せている。

一緒に「本当に見たい?僕が生きる世界」という赤色の文字がイヨンの耳のそばに落ちるように続き、美色の九尾狐イヨンに対する好奇心を増幅させている。果たして都心に定着した九尾狐イヨンがお茶の間劇場に伝えるメッセージはどのような内容なのか、その帰趨が注目される。

制作陣側は「『九尾狐伝』は今まで見てきた九尾狐に対する認識を超える新しいファンタジーで、新世界の扉を開くことになる作品」という言葉とともに「シンクロ率200%オーダーメードキャラクターの力を見せてくれる『九尾狐伝』が視聴者たちの期待を満たすドラマになる」と伝えた。

一方、tvNの新水木ドラマ『九尾狐伝』は10月に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-08-28 10:21:37