FNCエンタの新人グループの世界観を映画化 ジョン・ヨンファなど出演


K-POPグループの世界観を長編劇映画にする融合プロジェクトが初めてFNCで試みられる。

コンテンツ制作会社FNCストーリーは今年の秋にデビューするボーイグループの世界観を映画化した『P1H:新しい世界の始まり』が来る10月に公開されると27日に明らかにした。

『P1H:新しい世界の始まり』は『ケチュンばあちゃん』『ポイントブランク 標的にされた男』などのヒット作を作ったチャン監督が脚本、演出を務めた。俳優チョン・ジニョン、ジョン・ヨンファなどだけでなく新人ボーイグループのメンバー6人が出演する予定だ。

映画は「星の精気」を持って生まれた少年たちの成長を描く。未来、過去、現在の異なる次元に散らばった少年たちが怒りと暴力性を最大化させるウイルスで廃墟と化した地球を救うために「希望の星」を訪ねて行く物語だ。

映画のストーリーはFNCストーリーの親会社であるFNCエンターテイメントが披露する新人ボーイグループの音楽的世界観とつながっている。

このグループはデビューアルバムだけでなく、その後のすべての音楽活動にこの世界観と自分たちの哲学を込める予定だ。

27日に公開されたティーザーポスターには廃墟となった都市を覆う巨大なドローンと、これを見上げる少年の後ろ姿を黒と赤の色彩で強烈に描きだした。

チャン監督は「K-POPアーティストたちは自分たちの音楽的世界観をもとに活動する差別点があり、全世界から愛されている」とし「私たちの話がまさに全世界の話であることを証明して世界の映画ファンから認められた韓国映画とその脈略を同じくしていると考えている」と明らかにした。

続いて「韓国文化の誇りである2つのジャンルを結合してK-POPの音楽的世界観を映画のストーリーに溶け込ませる一味違う融合的な試みをしてみたかった」と思いを語った。
  • MBN オンラインニュースチーム
  • 入力 2020-08-27 14:43:00