EVERGLOWが軍慰問公演に参加 事務所が中国当局から処罰


グループEVERGLOWの所属事務所が軍慰問公演にEVERGLOWを参加させたという理由で中国当局の処罰を受けた。

27日(現地時間)、サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、EVERGLOWの所属事務所YueHuaエンターテイメントは最近、声明を出して「韓国の子会社がセッティングした公演により否定的な影響を及ぼして深く反省し、心から謝罪する」とし「行政処罰を受容した」と明らかにした。

YueHuaエンターテイメントは「会社は当局と満場一致で国益を損なうすべての行動を拒否する」とし「今後の業務にはルールをさらに厳密に適用する」と付け加えた。

このメディアによるとYueHuaエンターテイメントは去る5月18日、外国人関連公演規定違反で北京市文化市場行政法総代から処罰を受けた。一緒に公開された文書には中国または他の場所で国や個人の名誉に害を及ぼすと考えられるすべての公演や展示会に参加する場合は警告や罰金、海外文化活動への参加停止または取り消しなどの処罰を受けるという内容が込められている。

YueHuaエンターテイメントの韓国子会社であるYueHuaエンターテイメントコリアは昨年6月、韓国将兵たちのための慰問公演である国防TV「慰問列車」の公演に所属ガールグループEVERGLOWを参加させた。EVERGLOWのメンバーの中に中国国籍のメンバーがいたことから物議となり、中国のネットユーザーのほとんどは今回の処罰が正当だという意見を見せている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-08-28 11:29:35