「ゾンビ探偵」チェ・ジニョクのポスター撮影のビハインドカットが公開


『ゾンビ探偵』で熱演する俳優たちの活気あふれるポスターの撮影現場が公開された。

『あいつがあいつだ』の後に初放送されるKBS2新月火ドラマ『ゾンビ探偵』(演出シム・ジェヒョン、脚本ペク・ウンジン)は復活2年目のゾンビが探偵になって自分の過去を探るため孤軍奮闘するヒューマンコメディードラマだ。ゾンビと人間が繰り広げる不測のストーリーに期待感が増す中、ポスターのメイキング映像が公開され目を引く。

公開された映像には愉快な雰囲気の中でプロフェッショナルな態度で撮影に臨む俳優たちの姿が撮られた。

まずチェ・ジニョク(キム・ムヨン役)とパク・ジュヒョン(コン・ソンジ役)のメインポスターの撮影現場が公開された。チェ・ジニョクは小道具のランタンを無心に渡す「ツンデレ」の姿を見せながらも、いたずらをする姿で愉快なコンビネーションを期待させる。パク・ジュヒョンは隠してきた才能を大放出しながらムードメーカーの役割を十分に果たし明るいエネルギーを伝える。

続いて団体ポスターの撮影現場でチェ・ジニョクは完璧なゾンビビジュアルを披露すると同時に新しいアイデアを絶えず提示し、プロらしい情熱を燃やした。ネクタイを緩めていっそう涼しい雰囲気を演出したり、頭を反らして風変わりな雰囲気を醸し出したりした。果てしなく続くAカットの行列に「何を使えばいいか分からない」という制作陣のリアクションが続き、見る人も自然と感嘆させる。

コートを着て登場したパク・ジュヒョンは真剣な眼差しで探偵と完璧に同化した姿を見せる。コン・ソンジの魅力を200%生かした特有の生活演技まで生々しく披露しながら、より自然な演技のために「鼻をほじってもいいですか?」という突拍子もない質問をして現場を笑いの渦に巻き込んだりもした。爽やかな魅力で笑いの花を咲かせた彼女が愉快で痛快なコン・ソンジキャラクターをどう描くか期待感を引き上げる。

コプチャン店の店長に変身したイム・セジュ(キム・ボラ役)は広告モデルと言ってもおかしくない、はつらつとした姿で和気あいあいとした雰囲気を醸し出している。

アン・セハ(イ・テギュン役)はヘアロールやパジャマとともにパワフルな韓国のおばさんに完璧に変身したファン・ボラ(コン・ソンヨン役)に髪の毛までつかまれるリアルな演技で「コミックカップル」の面貌をしっかり見せてくれる。

このように目が離せない俳優たちの多彩な魅力が『ゾンビ探偵』の初放送をリアルタイムで見たいという欲求を大いに高める。

『ゾンビ探偵』は地上波-OTT-IPTVが協業した初のオリジナルコンテンツで、KBS、wavve、SKブロードバンドの3社が共同で制作と投資した。毎週土曜日、wavveとBTVで2回目が独占先行公開さ、続いてKBSで月·火の午後9時30分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-08-28 11:33:15