人気キャラクターペンスの売上が9か月間で約100億ウォンを記録


「スーパースターペンギン、ペンス」の売上は過去9か月間で約100億ウォンを記録した。

EBSが国会科学技術情報放送通信委員会所属の未来統合党(未来党)のチョ・ミョンヒ議員に提出した資料によると、ペンスは昨年4月に初回放送を開始した後、2019年9月に「EBS陸上大会」コンテンツで認知度が上昇し、11月から本格的なIP事業の売上が増加したという。

ペンスに関する収益は、広告モデル協賛、イメージライセンス、ライセンス商品等から発生し、2019年11月から12月までの2か月間で16億7千万ウォン、2020年1月から7月までの7か月間で84億6千万ウォンの計101億3千万ウォンが発生した。

EBS側は「ペンスに関連して発生した収益をEBSとペンスの企画会社およびペンスの間で締結された契約書を根拠に正常に支払われた」とし「契約の内容は当社組織法務部と演技者当事者および演技者が雇った弁護士と十分な時間をかけて協議し、演技者(ペンス)の実演が寄与したことを最大限協議した後、演技者の同意のもと契約を締結した。但し、収益配分の内訳は契約書上の秘密保持義務条項に基づき提供が難しい」と付け加えた。

また、ペンスはEBS職員ではなくフリーランサーだとし「EBS一般職員の固定給与ではなく、番組出演者契約に基づく「1回当たりの出演料」を支給している」と付け加えた。

10歳のペンスは、スタークリエイターを夢見て地球の反対側の南極からスイスを経て韓国まで海を泳いできたEBSの練習生だ。Youtube開始から7か月後に100万人のチャンネル登録者を達成した人気スターで、現在208万人のチャンネル登録者を保有している。

ペンスの人気に後押しされ「ジャイアントペンTV」チームは今年初め、EBS幼児子ども部から「ペンTV&ブランドスタジオ」として部署を独立した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者 / 写真=ペンスYoutube
  • 入力 2020-09-01 16:15:42